導入事例

株式会社フロンティアチャレンジ

株式会社フロンティアチャレンジ様

業務管理そのものが仕事ではありません。
いかにこの原点からぶれる事なくサービスを強化できるかが重要と考えました。

2007年9月21日

お客様データ
お客様名
株式会社フロンティアチャレンジ (HP
業界
特殊
設立
2006年10月
POINT
効率アップ

障害をお持ちの方を中心に、人材紹介を営んでいらっしゃるテンプスタッフフロンティア様へインタビューをお願いいたしました。

導入背景

当社の人材紹介事業のスタートは、昨年10月1日です。
それ以前からテンプスタッフグループの特例子会社の一事業部としてサンクステンプをスタートしておりました。
分社化した昨年10月1日時点で社員は10名でしたが、現在は20名と2倍になっています。
障害者の方を中心とした人材紹介事業に特化しており、障害者手帳をお持ちの方の転職を支援、また、企業の障害者採用のお手伝いもしています。

テンプスタッフグループは約40社のグループ会社があり、それぞれが各領域に特化していますが、特化の軸としては、地域、業界、職種、雇用形態があります。

この4領域において各グループ会社は専門性を持ち、事業を展開していくことがテンプスタッフグループの戦略です。
当社の場合はその他の領域となりますが、障害手帳をお持ちの方の企業採用ニーズが高いということ、障害手帳をお持ちの方の転職ニーズがあるということ、ニーズが双方にあったので、分社化して事業を強化していこうというのがグループの考え方です。

実は私は昨年の九月まではテンプスタッフの人事部で採用の責任者を担当しており、主に障害者の方の自社採用を専門にしていましたが、ご存知の通り、障害者の法定雇用率は従業員数の1.8パーセント、その母数である従業員数に派遣社員数も含まれてきます。

テンプスタッフの社員数は1000人を超えますが、派遣社員数も含めると桁が一つ上がる社員数となるため、テンプスタッフでは多くの障害をお持ちの方の雇用が必要になります。
そのため当社のほとんどが営業のポジションとなり、既存のポジションだけではなかなか採用を満たさなくなりましたので、特例子会社を以前から設立してきました。

しかし、そこでも採用が満たされなくなり、障害をお持ちの方を雇用するための事業を立ち上げました。

―例えばどんな事業ですか?

マッチングッドシステムを選ばれた理由を語る中村様 例えばクッキーの製造販売事業ですとか、クリッピング事業の在宅ワークなどです。

これらの経験を通じて、今のテンプスタッフフロンティアのノウハウが蓄積されていきました。
テンプスタッフが外注していた業務を内製化した経緯、さまざまな障害をお持ちの方それぞれに適している業務、またそれをフォローしていく運営体制、マネージメントの確立など全てのノウハウですね。

障害をお持ちの方の職域開発をした後、採用活動をして、採用した後の安定、またその方々に期待する成果をどう定量的に満たしていくか、そういったプロジェクトに携わってきました。

障害者という先入観は実はないのですよ、というのを私たち自身が相当な規模で経験しています。

―テンプスタッフ時代のノウハウ、経験が活かされて設立された会社ということですね。

はい。またサンクステンプ事業部の存在も、弊社のノウハウの蓄積に寄与しています。
結局のところ、ノウハウとは、失敗事例をいくつ積んだかだと思いますが、そういった事例を体験してきました。
こうしたノウハウにより、データ以外の感覚というか、データに落としきれない感覚を整理して、マッチングできるようになりました。

マッチングッド導入以前は、MicrosoftのAccessをベースとしてデータ管理を行っていましたが、使用していくうちにAccess本来の使い方ではなくなってしまい、他のシステムの導入を検討することになった次第です。

マッチングッドに決めた理由

業務管理そのものが仕事ではありません。
いかにこの原点からぶれる事なくサービスを強化できるかが重要と考えました。

私もテンプスタッフ時代の経験から、10名以上のマネージメントになりますと、ある程度精度の高い情報管理をしていく必要性を感じていましたが、どうしても頭の中で管理するには限界があります。
そこで市場のシステムを4社拝見したのですが、マッチングッドが当社にとって最適でした。

特に、進捗管理に主眼が置かれており、操作性がシンプルな点です。
トップ画面に今求職者がどのくらいおり、弊社のメンバーがどの程度係わっており、お客様にどの程度紹介しているかが表示され、進捗を一目で把握することができる。
営業出身の私としては、この点が決め手となりました。

また、他社に比べ、機能が非常に営業目線であると感じました。そして、コストパフォーマンスが非常に高かったのも理由の一つです。

―マッチングッドは人材紹介会社で作られたソフトなので、そういった目線は強いですね。

システム導入の目的ですが、私たちのビジネスは「人を紹介してほしい」という企業様の要望、そして「仕事を紹介してほしい」という求職者の要望をマッチングする、シンプルな仕事ですので、それ以外のものはいらないと考えました。

その点を見つめ直し、追求していかなくてはと思った時に、いかにその原点に立ち帰った業務を行っていけるか?
業務管理そのものが仕事ではありませんから、いかにこの原点からぶれる事なくサービスを強化できるかが、システムを導入するかどうかに大きく関わってくるかと思います。

それがマッチングッドさんと私達がフィットした目線でした。
だからマッチングッドという名前ですよね。この名前も気に入っています。

人に対してどの案件を紹介していくかということ、また企業に対してどのような人を紹介していくかという基本的な原点に帰って考えたときに、他社と比較してマッチングッドの導入を決めたということです。

導入後

マッチングッドの持つノウハウで
業務の基本「マッチング」の強化

私自身も使いながら便利だなと思うことはありますし、検索がとても柔軟になったと思っております。
また、まったく異なる視点ですと、Accessで逐一集計していたデータを、マッチングッドのシステムでは、データというページでこちらが閲覧したかった情報をわかりやすく表示できるというのは御社のノウハウですよね。

この情報はそのままマネージメントに生かすことができましたし、個々の社員の進捗管理にも生かすことができると思っております。
進捗を入力していけば、自動的にデータ集計できますよね。
このデータを元に、今期はこの数字を重点的に高めて行こうという指標作りができるツールがありました。
ひとつ仕事が減りましたね。

また、担当者ごとに進捗が把握できるトップ画面がとてもお気に入りです。
そして、無駄なデザインを省きシンプルに設計することで、値段を安めに設定するというスタンスが私は好きです。
システムを購入する際には、デザインを買うのではなく、パフォーマンスを買っております。
私共のビジネス規模ですと、マッチングッドのシンプルさがフィットしていると思います。

新人教育終了までの期間を短縮

加えて、Accessに比べマッチングッドが格段によいと感じた点は、フリーワード検索、データの集計部分、進捗を一目で閲覧できるトップページです。
売上向上という観点から考えますと、弊社も去年から10人、短期間で増えておりまして、ノウハウを含め教育していく必要があります。
マッチングッドを導入したことで、当社の業務に沿ったシステムを構築できました。
教育終了までの期間を短縮でき、立ち上がりが早く、一人あたりの売上増を早期のタイミングで期待できるのではないかと考えております。

このシステムを軸に業務を行えばよいという点で、社員の教育がしやすくなったということです。
テンプスタッフ時代に、教育カリキュラムを考えていたことがありました。
業務フローとシステムで時間を分け、別々に講義をするというカリキュラムを組んでいましたが、マッチングッドを導入した今では違います。

マッチングッドで業務フローを進めていくことで、業務フロー、システムの両方を同時に教育することができます。
さらに今ではデータ集計機能を利用することで、業務の定量評価についても説明することができるというメリットもあります。

―最後に、マッチングッドを導入する前に不安であった点はありますか?

まず、マッチングッドさんの実績ですね。

当たり前ですが、しっかりと中身を見ないといけないと思い、経験、実績が他社さんに比べてないことが不安点でした。
また、当初お見積もり頂いた際のコストが妙に安すぎた(笑)のも不安点でした。

しかし、実際に導入そ実稼動された現在、もちろん不安はありません。

他社様マッチングッドさんを比較する際に、実績とコストなどの観点からも検討をしておりましたが、私共もまだ組織を作りながら業務を行っている段階ですし、実績があるシステムを導入して、企業の業績が伸びるという方程式も実はないのではないかと考え、実績については今回考慮に入れず検討致しました。

また、テンプスタッフフロンティアをサンクステンプからリニューアルという形で立ち上げ、頑張っていこうというモチベーションの高さが、マッチングッドさんにもあると感じておりました。
実際レスポンスが早く、対応がすごく誠意的なものを感じましたので、すごくよい仕事をしてくれるのではないかと期待しておりました。

コストが安い理由も、お金をかけなくてよい部分には投資しておらず、もともと自社開発のシステムであったためというお話は非常に納得できました。

今回マッチングッドを導入したことで、マッチングッドのコストパフォーマンスをとても感じております。

(インタビュー:マッチングッドさいとう)
2007年9月21日

導入に関するご相談は、以下よりお気軽にお問い合わせください

無料デモお申込み・お問い合わせ

株式会社フロンティアチャレンジ

中村様、お忙しい所誠にありがとうございました。

インタビュー企業について
会社名 株式会社フロンティアチャレンジ
所在地 東京都中央区銀座2-6-1 中央銀座ビル4
事業内容

障害者専門の人材紹介事業および採用コンサルティング

設立 2006年10月
資本金 3,000万円 (テンプスタッフ株式会社100%出資)
代表者名 中村 淳
導入したプラン