社員インタビュー(営業職)

インタビュー1

今までとは違う、新しい分野にチャレンジしてみたかった。

2016年入社 営業マネージャー 北村 純

人と直接関わる仕事がしたかった

大学では教育学部の保健体育学科を専攻し、主には教員になるための勉強をしてました。就学中には海外に出て生活をし てみたいという思いが常にあって、大学卒業後、JICAのプロジェクトで約2年間、アフリカのザンビア共和国に学校教員 として派遣してもらっていました。 ザンビアの赴任先では、小・中学生を対象に情操教育を実施してました。そして、ザンビアから帰国して就職活動を開始した のですが、就職活動のキーワードとなっていたのが「人材」と「営業」でした。

「人と直接的に関わる仕事がしたい、そして教育とは違う分野で新しくチャレンジしてみたい」という思いがあったからです。 そこで、マッチングッドに出会いました。「人材会社に対して商談ができる」ということは、より多くの人材会社に出会うこ とができるし、営業のスキルを高めることができるしで、いいことづくしだ!とその時感じ、入社を決意しました!

お客様に合った提案にやりがいを感じる

現在は、人材紹介会社・派遣会社を対象に、業務管理システム 「マッチングッド」の販売をしています。 同じ人材会社でも、会社によって業務フローや求めるニーズは まったく異なるので、「お客様に合った提案」が常につきまと う課題です。 ここは最も難しい部分でもあると同時に、一番面白いと感じて いる部分でもり、やりがいを感じていますね。

インタビュー2

営業部と開発部の距離感の近さが魅力

インタビュー3

 会社の特徴は、風通しの良さです。 営業部と開発部の距離感がとても近いので、システムに関して不明な点があればすぐに教えてもらえるような働きやすい環境である と思っています。また、システムを社内開発している会社ですので、お客様のニーズを新機能として即座に追加することも多々あっ て、そのようなフットワークの軽さもマッチングッドの魅力だなと感じています。

信頼されるような営業社員になりたい

まずは、より商品知識を深め、営業としてのスキルも磨き、お客様にもマッチングッドの社員にも信頼されるような営業社員に なることが当面の目標です!

応募方法

ご質問などはsaiyo@matchingood.co.jpまでお気軽にご連絡下さい。