ニュースリリース

SNSを使用したスカウト活動

2016年1月13日

今回はSNSを使用してのスカウト活動について紹介致します。

現在、enやリクナビといった求人媒体の他にLinkedinやFacebook等のSNSを使用してスカウトをする人材会社が増えて来ています。なぜなら、費用がかからない他にも様々なメリットがあるからです。SNSスカウトのメリット、デメリットを紹介致します。

 

●各SNSの特徴

・Linkedin・・・実名登録が基本。転職に前向きな人が多く、職務経歴やスキル、アピールポイントなど、まるで履歴書や職務経歴書の様に書いている人が多い。外資系に強みを持つ人材会社が使用していることが多い。

・Facebook・・・実名登録が基本。登録の母数が多い。学生から社会人まで登録されているので、隠れた優良人材の発掘に使える可能性がある。

 

●SNSスカウトによるメリット

・基本的に無料でコストがかからない。(機能が拡張された有料プランもあり)

・転職に前向きな人材が多い(職歴や学歴を入れている人も多い)

・求人をアップして、エントリーを待つ求人サイトと違い、積極的にスカウトを打つことで、御社のニーズに合致した人材を囲い込むことが出来る。

・海外の人材も閲覧することができるので、より範囲の広いスカウトを行うことができる。

●SNSスカウトによるデメリット

・人材の質がまばらで、虚偽の情報を載せている可能性がある

・求人媒体に比べ、人材ビジネス向けの機能が整備されていなく、進捗状況の確認などがしづらい。(システムを使用することで改善可能)システムは求人媒体に比べ安価なケースが多い。

媒体:月額10万円前後(これ以上かかるケースもあり)、システム:月額2万円前後

・進捗の管理、把握ができない。

 

●総括

マッチングッドではLinkedinやFacebookに登録されている人材の情報を手入力なしに、カンタンに取り込める機能がございます。(業界初!)

それだけでなく、取り込んだ人材にマッチングッドからメールを送ったり、電話や面談の内容、選考状況の履歴を残すこともできるので、進捗の管理もカンタンにできます。

是非、ご検討くださいませ。