開発にかける思い

開発にかける思い

ー以前はどんなところで勤務していましたか?

社員A:
SIerで業務系アプリケーションを多数開発していました。自社開発のパッケージソフトはマッチングッドが初めてです。
社員B:
私もSIerで建築会社向けシステムを開発していました。社内SEのような立場でユーザー先に常駐したこともありますし、開発だけでなく保守まで一貫して行っていました。

ーマッチングッドへ入社したきっかけを教えて下さい

社員A:
自社開発ということで、「新たにシステムを生み出す」ということに興味があって入社しました。
社員B:
私は単純に「ベンチャー」が面白そうだと感じたことが入社のきっかけです。

ー普段はどのようなことを開発しているのですか?

社員A:
マッチングッド全体の開発を担当していますが、私は上流工程を担当しており、設計や仕様を決定しています。 カスタマイズをしたいお客様へ訪問してのヒアリングや、その仕様化もします。実際プログラミングをするのは、他のメンバーの場合が多いです。 問い合わせ対応は、開発担当者でないと分からない部分については、もちろん対応させていただいております。 さらにマッチングッドの新機能に関して、お客様からお聞きしたニーズを元に、「こういった機能があったらよいのでは」という「機能をイメージする」ところから、実際に開発するところまで進めています。
社員B:
私は社員Aが上流で固めた仕様に基づいた機能の追加をしたりお客様の対応など行っています。

ーお客様からご依頼があった場合、どのような流れで開発をしているのですか?

社員A:
最初のとっかかりは営業担当が要望を聞いてきます。例えば「ホームページとマッチングッドを連携させたい」などの要望までは営業が聞いてきますが、実際にどのように項目を紐付けますか?などの具体的な内容の確認については、開発担当が行いますね。 既存のお客様であれば、直接ご要望を伺うこともあります。その場合は機能のご提示やお見積や納期の決定なども対応いたします。
社員B:
私もエンドユーザー様とやりとりをすることはありますが、大体そのような流れですね。

ーマッチングッドは開発の流れなど、特徴はありますか?

社員A:
大規模の会社に比べた場合、開発することを決めてからリリースまでは本当に早いと思います。お見積もりも早く出せますし、本当に開発できるかどうかの判断も早いです。 弊社は代表も含め、ほぼ全ての社員が技術を理解している人間なので、非現実的な開発をスタートして失敗したというケースは創業以来ありません。「こういうことをやります」といった時の開発側の主旨も会社として素通りされることはないです。「この開発はリスクが高いのではないか?」という判断もほぼ全ての社員ができるので、リスクは他社より軽減されていると感じます。
社員B:
開発案件が出てから、実装までの動きは早いですね。人数が少ない分、機敏な対応ができるのは、よい環境だと思います。
社員A:
大きな開発環境ですと、正直自分が何を開発したのか見えなくなることもあるんです(笑)。マッチングッドですと自分が開発したものが見えますし、エンドユーザーと直接やり取りもあります。そこからレスポンスも直接いただけるので、大変励みになりますね。もちろん励みにしているだけではなく、エンドユーザーからの要望を元に、新しい機能をどんどん開発していますよ。

ー小規模な会社だからこそすぐに採用された開発技術やツールなどはありますか?

社員A:
新しい技術やツールについては、いいものがあれば、すぐに代表に提案できます。よければすぐに採用されます。 最近、タスク管理が煩雑になり、タスクの漏れも心配していたので、ツールを探したい、という提案にしました。開発でタスク管理のツールを探してきて、すぐに全社で採用になりました。
社員B:
私は、以前の会社で使用していた開発ツールが使いやすかったので、弊社でも開発環境の導入を提案しました。こちらもすぐに導入になりました。 ストレスなく、効率よく開発できていると思います。
社員A:
ベンチャーのフットワークの軽さは、こういうところにも出ていると思います。

ーお客様が個人情報を扱うシステムを開発しているわけですが、意識されている点はありますか?

社員A:
個人情報については細心の注意を払っています。6?7年のナレッジは蓄積されてきましたので、新しい機能の開発はセキュリティを一番初めに考えます。当然今まで起こった個人情報関連の事故はゼロです。
社員B:
Web系のシステムですので、情報が漏れないように、ということを一番気をつけています。情報漏洩の7割は人的なミスによる事故という統計もありますので、細心の注意を払っていますよ。

ー仕事をしていてピンチ!と思ったことはありますか?

社員A:
通常の開発については、納期を重視しています。どうみても厳しい、、、と思われるような規模でも、がんばって対応しています。 それから、「マッチングッドに繋がらない」ということが一番のピンチですね。 マッチングッドは日々動くシステムかつ基幹システムですので、「止まってはいけない!」ということです。たとえマッチングッドのシステムが原因ではないトラブルであっても、マッチングッドが動く、ということが最優先で、他の開発を止めてでも、対応いたします。システムが動かないと、お客様の業務が止まりますので、マッチングッドを動かすことに集中します。
社員B:
マッチングッドは基幹システムなので、止まってしまうとクリティカルな問題に発展します。緊急対応・フットワークの軽さという点では、現在我々開発者が機敏に対応できていると思います。個人の裁量である程度障害対応もできるので、迅速な対応が可能です。
社員A:
こういった障害のときは、こういった対応、というナレッジが蓄積されているので、解決のスピードは上がっていると思います。

ーそれではお客様のご要望から開発された新機能などありますか?

社員A:
マッチングッドは元々、他社の紹介会社向けシステムよりカスタマイズ、つまりお客さまの業務にあわせられる範囲が広いシステムです。料金が張ることもありますが「お客様のベストを実現する!」というスタンスです。 最近、機能追加した「地図マッチング機能」もマッチングッドのパッケージ内に入れましたし、お客様からのご要望で、マッチングッドからFAXを送る機能など、極力対応しています。
社員B:
「地図マッチング機能」は、安価で高品質な機能を提供することを目的に、フリーの地図ツールで作ることが前提でした。この地図のツールが海外では大手サイトで採用されているツールではあるものの、日本ではまだあまり普及しているツールではなく、日本語のドキュメントが殆どありませんでした。そこで海外のサイトを見たり、海外の検証結果を覗いたり、そういう点が苦労した部分です。
社員A:
有料の地図のツールは、料金がかかりますので、結果としてお客様のコスト負担を増加させてしまいます。苦労はしていますが、お客様のコスト削減に繋がっていると思います。

ー最後に、お客様へのメッセージをお願いします。

社員A:
いくつか同じようなシステム会社はあると思いますが、「お客様のニーズがあって、いま市場にないもの」を生み出して、開発したいと思っています。これは会社のビジョンにもなっています。人材紹介会社様も日々お忙しくされていらっしゃるので、負担を軽減して、業務効率を上げていただきたいです。お客様が喜んで下さって、弊社も喜ぶ。さらには、お客様の登録者の方も、求人会社様も喜んでいただける・・・。 「Win?Win?Win?Winの関係」、これを日々考えて、上手くシステムを作り上げたいと考えています。
社員B:
私はお客様の業務効率が良くなることを目的に開発しています。他社より、お客様の声が直接開発者に届きやすい環境ですので、お客様の声を反映したソフトウェアが開発出来ている思っております。まだ100点にはほど遠いですが、引き続きこの方向性を強めていきたいですね。