ニュースリリース

有効求人倍率の上昇とマッチング精度の重要性

2018年2月15日

 昨年より最高値を更新し続けている有効求人倍率は、某レポートによれば2018年1月で、2.35倍(前月比-0.52pt/前年同月比0.00pt)。

また求人数は前月比100.3%、転職希望者数は前月比122.5%。求人数は前年同月比113.7%、転職希望者数は前年同月比114.0%。

求人数に関しては、4カ月連続で更新を続けているようです。

 

 1月は、4月までに転職先を決めようと転職活動を始める人が多いため、転職希望者数は前月比122.5%と大きく増加する結果となりました。

2月以降も、求人数、転職希望者数とともに多い状態が続く見込みです。そのため人材会社様にとっては、より転職希望者様や求人の獲得を加速し、

またアナログな業務の工数を削減することで、転職希望者様とのコミュニケーションに時間をより割く必要性が増加しているといえるでしょう。

 

 そうした中で、より重要になってくるのは転職希望者様と求人のマッチング精度になるといえるでしょう。

数あるエージェントの中から転職希望者様は転職活動をするわけですが、現在においても「イメージと違った」などの理由で早期退社発生するケースも珍しくありません。

こちらをご覧いただいている人材紹介会社様のなかにエクセル上で人材や求人データを管理されている会社様はいらっしゃいますでしょうか?

エクセル上や記憶をもとにマッチング作業をしていたりしませんしょうか?

人材紹介会社様向け管理クラウド、『MatchinGood(マッチングッド)』ならより人材紹介業務を効率化、マッチングッド精度を高めることが可能です。

働き方の多様化が進むにつれ、求人企業の採用業務も日々変化し、優秀な人材を確保して定着させていくためにもマッチング率や質がさらに重要になります。

 

人材紹介会社様向け業務管理クラウド『MatchinGood(マッチングッド)』の紹介

 

 マッチングッドの人材紹介会社様向け業務管理クラウド『MatchinGood(マッチングッド)』は2017年の実績では業界トップの導入実績を誇っております。

現在の有効求人倍率の上昇のなか、転職希望者とのコミュニケーションにおいて課題はありますでしょうか?

求人開拓業務において課題はありますでしょうか? 情報の一元化、各媒体の成約率の集計などに課題はありますでしょうか?

是非、一度『MatchinGood(マッチングッド)』をご利用いただいているお客様が売り上げを伸ばされた事例や、

多数の機能面をご説明させてください。そして業界最安値のコストパフォーマンスを比較してみてください。

マッチングッドがご提供しているサービスはデータの管理だけでなく、

転職希望者様の貴社への応募数増加や、貴社における求人獲得にお役立ちすることも可能です。

 

もし少しでもご興味がございましたら、以下よりお気軽にお問い合わせいただけますと幸いです。

 

人材紹介会社様向け業務管理クラウド『MatchinGood(マッチングッド)』へのお問い合わせはこちら