人材派遣・人材紹介・採用管理のクラウドシステムならマッチングッド

今注目の求職者集客方法【Google for Jobs】について
2019年03月13日 ブログ

お世話になっております。

マッチングッド株式会社、セールスマーケティング部でございます。

 

弊社は人材紹介・人材派遣向け基幹システム「マッチングッド」を開発しており、

数多くの新規参入の人材会社様の業務効率化や、売上拡大のお手伝いをさせていただいております。

 

人材会社様より様々なご相談を頂いておりますが、その中でも特に多いご質問はやはり【どのように求職者を集めればよいのか】についてです。

そこで今回は、そのような人材会社様のお悩みを解決できるかもしれない今大注目の集客方法、Google for Jobsについてご紹介していきたいと思います。

 

目次

1.Google for Jobsとは

2.Google for Jobsの特長①~求人をより求職者の身近に掲載することが出来る~

3.Google for Jobsの特長②~求人掲載に広告料がかからない~

4.Google for Jobsの特長③~Google for Jobsに求人を掲載するためには~

5.まとめ

 

1.Google for Jobsとは

2019年1月から日本でも始まったGoogle検索の新機能(日本版の正式名称は「Google しごと検索」)です。

各求人媒体や人材会社様の求人ページ、企業の採用ページ等の求人情報をGoogle検索が自動的にまとめ、表示させるサービスとなっております。

求職者、人材会社様双方にメリットがあるため、人材業界で今最も注目を集めている集客手法です!

 

2.Google for Jobsの特長①~求人をより求職者の身近に掲載することが出来る~

従来の仕事探しは求職者が諸所の求人サイトに登録をしなければ求人情報を確認することが出来ませんでした。

Google for Jobsは様々なサイトの求人情報が一つの画面に集まりますので、そのようなサイトに登録しなくても仕事探しをすることが可能となっております。

 

このような求人検索の仕組みは既に indeedをはじめいくつかのサービスが出てきておりますが、これらのサービスはあくまでも求人情報に特化したサイトになりますので、求職者は求人を探す際にそもそもこのサイトを見に行かなければいけません。

世界で一番利用されている検索エンジンであるGoogle自身が求人情報を掲載することによって、より求職者の身近な場所に求人情報を掲載できるようになった事が今までのサービスとの大きな違いとなっております。

また、Google for Jobsは有償広告枠と通常の検索結果(オーガニック検索)の間に表示されますので、求人情報がより目につきやすくなっております。

 

3.Google for Jobsの特長②~求人掲載に広告料がかからない~

これまでの求人媒体や求人検索サービスに人材会社様の求人を掲載する際には広告料が発生していました。

より大きな金額を投資して掲載された情報がより上位に掲載される仕組みの為、中小企業様が大手企業に太刀打ちすることは非常に難易度が高いとされていました。

Google for Jobsは掲載に広告料が発生しない(広告ではなく、あくまで検索結果として表示される)事も大きな特長の一つです。

これにより、中小企業様の情報も大手企業の情報も同様に扱われるようになりますので、掲載の仕方によっては、大手企業様と同等に戦うことが可能となっております。

 

4.Google for Jobsの特長③~Google for Jobsに求人を掲載するためには~

Google for Jobsに求人を掲載するためには以下二つの条件が必要となります。

・自社の求人掲載サイトを持っている事

・自社の求人掲載サイトがGoogle for Jobsが求人情報を認識できる構造になっている事。

 

とはいえ、今まで自社サイトを持っていなかった会社様や、これから人材サービスを開始しようとお考えの会社様は、ホームページの作成から求人掲載システムの構築まで全てを自社で賄うことは中々難しいのではないでしょうか。

 

マッチングッドではご提供している人材会社様向け業務支援システム『マッチングッド』にて、自社サイトに簡単に求人情報を掲載できる【ホームページ連携】のオプションを御提供しております。

Google for Jobsへの対応も完了しておりますので、簡単にGoogle for Jobsへ案件掲載することが可能です。

 

5.まとめ

現在、求職者の仕事探しの方法は大きく変化してきました。

 indeed等の求人情報の検索サイトの登場によって、求職者は求人サイトに登録しなくとも、求人情報を検索でき、興味のある求人が出てきた際に気軽に登録することが出来ようになった為です。

これによって求職ニーズの高い顕在層だけではなく、潜在層の求職者も獲得することが出来るようになりました。

Google for Jobsの登場によってこの流れは加速化していく事でしょう。

今後はこの潜在層の求職者もしっかりと囲い込み、マッチングしていけるかどうかも収益化の大きなポイントとなっていきそうです。

 

また、集客効果を最大化させるためには、自社サイト上に案件が豊富にあるかどうかが、非常に重要になっていきます。

案件を豊富に用意するためには求人開拓、営業活動を行っていく必要があります。

 

以下のリンクにて営業活動を効率的に行っていくための手法についてご紹介しておりますので、併せてご確認頂けますと幸いです。

 

・「【新規参入の人材会社様向け】営業活動の始め方~テレアポ編~」

 

ご紹介をさせて頂きました手法にご興味をお持ちのご担当者様がいらっしゃいましたら、是非お気軽にご連絡くださいませ。

 

マッチングッドへのお問い合わせはこちら

問い合わせ 電話をする